セミのほんとのスピリチュアルメッセージ

夏になると
どこからともなく聞こえてくるセミの声。



目の前に飛んできたり
家の庭やバルコニーに居座ったり



何か意味があるのかな?
メッセージがあるのでは?



そんなふうに思って検索している方も
いらっしゃるかもしれません。



「 セミ スピリチュアル 」



このようなワードで検索すると、
個人個人が様々な見解で
スピリチュアル的な意味やメッセージを
紹介していますよね。



でもね、残念ながら
そのような見解は
人間都合の視点・観点なのです。



この世界がどのようにできあがっているのかを知り
陰と陽を人間の都合から観て判断してしまう

ということから抜けださなければ
決して真実の意味合いは認識できません。




人間が人間の視点・観点から認識している「 虫 」という存在ですが、
ほんとうはひとつにまとめてはいけません。



自然界(全体性)の「 循環 」の意識を現象化させている「 虫 」さんたちと
人間(個人)の「 欲意識 」から「 人間の念 」として現象化している「 害虫 」があるのです。




‘ セミ ‘ の場合は、
害虫として現象化している方です。



‘ 死んだ人間の念 ‘ と ‘ 生きている人間の念 ‘
両方が深く関わって
このようなカタチで現象化している状態です。



夏という、人間の集合意識でつくりあげた
暑い意識という表現の季節になると必ず鳴くセミたち。



人間の何の念の現象化である
と思いますか?



それは



‘ 人間の心残りという念 ‘



生きていた頃の後悔の念や
想うように生きられなかった人間の念が
セミの姿をとおして映し出されているのです。




人間都合からのスピリチュアルメッセージとしては
復活と再生の象徴で幸運の到来的なイメージで伝えられていることが多いのですが、



そもそも幸運に
醜い姿・カタチの意識現象化は存在しません。




高周波数のものは
周波数的にも害虫と言われるような醜い姿にはならない。



なんでも人間都合の「 欲意識物的出発思考 」で捉え解釈してしまうと
奥(目に見えないエネルギー)から表(目に見える物体)へ現象化という原理を
ほんとうの意味で「 認識・理解する 」ということから
どんどん遠ざかってしまいます




そして自分の内面意識も「 欲意識 」からの物的イメージでしか捉えられなくなり
自分の ‘ ほんとうの望み ‘ も何であったのか解らない状態に陥ってしまうのですね。



害虫とされている側の虫は
さまざまな種類の ‘ 人間の念 ‘ の現象化なのです。




自分の意識を綺麗事を抜いて観ることができたなら、
現象化しているすべての物体の意味を解き明かすことができるようになるんですね。



自分というものを詳しく知って意識レベルを変化させてゆきたいと望む方は
ぜひ、永久保存版のセミナー動画を順を追ってご覧くださいませ^^

■ 1st 〜 6thセミナー動画については こちら
■ 宇宙種族意識別フォーカス解除webセミナー動画については こちら